いじめの匂いと、ソーシャルと、処方箋


今週から、私の履歴書@日経新聞が浅丘ルリ子になって、楽しみに読んでいます。

今朝の話に、小学生の頃アレルギー発疹?があって、汚い!とか言われていじめられたけど、仲良しもいたから平気だった・・というくだりがあって、そうかー、こんな美女が!と思いました(いじめた人は、さぞや後悔を・・・)。たまたま読んでいた、東村アキコ漫画 『おもに泣いています』 は、美人過ぎていじめられる、勝手に逆恨みされる、ハブにされる、友だちいない・・とんでもなく美しいけどそれを主張しない、武器にしない、気弱美女が主人公(むしろ、無敵の友に恵まれてるんだけどね。)。

 人は、いろんな理由でいじめられることがあるんですよね。

 それで、ふと思ったのですが、それは子供の世界だけのことじゃないなあ、と。(当たり前じゃん!)大人がめっちゃいじめられるとか、いじめるってことは、他人の目もあるので、表面上はそこまで多くないかもしれないけど、ささやかないじめ要素みたいなものや、その匂い?を感じることは、日常の中でもあります。

その匂い、私が、かなーり、嫌いなもののひとつです。

ニンニク臭ぐらい。→そんくらいかい!!

それが、ラインとか、FBとか、インスタとかで増強されているのかもな、と思うようになりました。教授が詳しく解説します・・(だれ?)。

 そもそも、ソーシャルは、リア充自慢みたいな要素があります。お!いいね、とか、よさそう、私も行こう!と、ただの情報だと思う人もいれば、こおんな生活してるのね~へえーと思う人も入いれば、むかつく~なに、毎日こんな美味しいもん食べてんの?Oさん!(だれ?)と思う人まで、いろいろいるでしょう。

だいたい同じようなクラスの方々が繋がっているのがFBの世界なので、後者は少ないと思いますが、『あんた、たいがいにしとかんと、毎日まいにち、次郎に、嵐山吉兆に、hajimeに、ミッシェルブラス行って、PIC行ってって・・・ひがまれるけんね!(該当者注意!)』 というアドバイスに従い、私の場合、ヴェルサイユ宮殿貸し切りのPARTYやったとか、西島秀俊とシチリア行ったとか・・・とかそんなことは書かないようにしている訳です。(うそ、念のため。)

また、だれと行ったとかがわかっちゃうことにより、時々トラブルや、感情の摩擦も起きたりしているようです。(どや顔で、著名人(例:ふなっしー )との写真などは・・はほほえましい)そんなことから、『今日は、ノ―ソーシャルでお願いしまーす!』なんてこともあります。

 たとえば、先月、とあるランチで帰り際に、主催のお姉さまから、今日は◎◎ちゃんには、声かけてないから、内緒ね!と言われたことがありました。え!?おとととっと・・・しかーーーし、すでに、インスタに写真をあげていた私(容量がなくて、インスタでしか写真がとれない)。あわてて消そうにも、消し方がよくわかんないで大変でした。「最初に言ってくれ―!」と思いつつ、でも、そのとき、ちょっと匂ったのです。そう、件のいじめの匂いってやつです。

で、一気に気分がどんより梅雨空色に。傘持ってないのにさ。

 小学校の時、世界の中心、長崎=日本の地方だったので、マクドナルドにみんなを呼ぶような誕生日会はなく(そもそも、ロッテリアしかなく、涙。)お互いの家に呼んでいたのですが、だれを呼ぶかとか、だれを呼ばないかとかで、勝ち誇った気分になったり、いやーな気分になったり、今思うと、ああいうのの延長線上に、いじめがあるんでしょうね。実際にあったのかも。

当時も、そういうのがかな~り嫌いで(当時からニンニクも苦手。)呼ばれなくて悲しいこともあったりして、うちの母もそういうのは嫌いで、わが家は古くてひまな旅館だったので、母に 『クラス全員呼ばんね!』といわれ、全員呼んだ記憶があります。(でも、中村君はこれなくて、本命不在に・・、涙涙涙) 今も、この延長で、キャパが許せば、楽しそうなことにはみーんな呼びたくなる病気なんですけど。

 つまりだ!例えば『今日、私たちこんなに楽しいことしてるけど、あの子(たち)は呼んでなーい、うっきっき♡』的なことを、少しでも思ったら、あなたは立派ないじめっ子!認定証だしちゃうよん。

この時代、FBやインスタで、結構ばれちゃったり、いやむしろ、うっすらばれるような感じで、はずしてる感を漂わせたりするのよ・・と、この前、ママ友(友じゃないね)話で聞いたけど、それ楽しいかい?それが楽しい人は、立派ないじめ体質。長谷川京子もびっくりです(わかる人だけ、いや、あの人も家では大変で・・・)。

でもね、意外に見ている人には(ネットの世界でも)匂うんじゃないかと思うんです。いじめ体質的なもの、ある人、ない人の違い。不幸にも、そういうことに敏感な人と、幸い鈍感な人がいるだろうけど。

で、思う。むしろいじめっ子目指すなら、ジャイアン目指そうよ~!(目指すのかい!!)ねっ。 堂々と 「明日、◎◎と飲むんだよ、誘わないけど。がはは~」 とか 「めっちゃ、お得な展示会あるけど、今回は呼ばない (ぎゃあ、呼んでくれ~~本泣き)→ 実話 」という感じで。はたまた「見てみて~!すごい楽しかった!」とFBで大々的に自慢するとかね。

その場合、案外、だーれも気にもしないし、傷つかないもんじゃないかと思うんです。実際、いじめ体質じゃない人は、そのあたりオープンだから。

そして私は、そういう人=いじめ体質撲滅派は、意識してオープンにしているんじゃないかなと思うんです。私も、鈍いからオープンと思われているけど(汗)、意識してオープンにしています。(いや、オリビア・パレルモとメルローズに買い物に行った・・のは内緒なんだけどねえ。 → はーい、妄想妄想・・・)

 誘ってもらえなかった、って悲しまれるくらいなら、誘われたけど断っちゃった、って思ってもらう方が、こっちの気持ちは助かるわけだから。(ひゅーひゅー!えー、うっかりすることはあります、汗。)

大人の世界でも、そういうやっかいないじめ体質の芽みたいなのを持っている人がいるわけですから、子供の世界はさぞや大変?と思います。しかも、一人をハブにしてラインで話すとか、そういうのが横行していて、はずされるんじゃないかと気が気じゃない・・なんて記事を読むと心が痛むし、かわりに、エコエコアザラク・・とか唱えてあげようか?と思ったりします。

本当は、そういう屈折した面倒なやつとは、近づかなかったらいいんだけどね。孤独は君を追い込まないし、いじめない・・と今なら言えるんだけど。きっと子供たちは自分のスモールワールドが全世界だと思っているから、難しいんでしょう。大人も、会社やコミュニティをスモールワールドと感じちゃうかもだけど、ちょっと横に目をやれば、楽しいことや楽しい人も、尊敬できるすてきな人もたくさん。それに気づかせてくれるのもまたソーシャルだったり。

いじめってなにしろネガティブエネルギーざんしょ?おく様。ネガティブは伝染(うつ)るという、うちの江戸の先代からの教えを守って(だれ?)、ちょっとでも匂ったら(ニンニクはカレーに入っていても気づく・・)、巻き込まれてあやうく類友や共犯にならないように、ぱっと、カール並みの走りで、逃げるように処していくことをおすすめしたい。私もそうします(小学校の時から、走るのはビリギャル。)

####

 

####