News / ニュース

リコズキッチン・教室をご紹介いただきました(MAQUIA5月号/集英社)


東京の旬のスポットの特集で、リコズキッチン(教室)をご紹介いただきました。

都内のキテルスポットをモデルの鈴木えみちゃんが訪ねる、

[ 東西 BEAUTY SPY 鈴木えみのわがまま美容MAP ]という特集で、

★おけいこで女子力アップさせたい、

基礎からスタイリングまで学べる料理教室~RIKO’SKITCHEN

としてご紹介いただきました。

取材に来て下さったのは、若いビューティライターさんとカメラウーマン♪

すてきな記事にして頂きました、ありがとうございました。

11072729_909738872379636_899830626773791017_nプロフィールマキア

 

自家製コチュジャンのクラスのご案内/アンコールクラス【2015.4】


日本製の材料を中心にMYコチュジャンを作る、人気のクラスです。自分でつくるので安心、安全です。1年以上保存可能で熟成してさらにおいしくなります・・・がすぐに食べてしまったとの声多し。韓国風だけでなく、さまざまなお料理に使えるのでぜひトライしてみて下さい。

作ったコチュジャンは瓶に入れてお持ち帰りいただきます。

4月8日水曜日 11時~14時終了予定

4月9日木曜日 11時~14時終了予定

4月10日金曜日 10時~13時終了予定

◆ご参加費用 6千円 (レシピ、コチュジャンお持ち帰り、コチュジャンを使ったランチ、デザート含む)

◆先着順でお受けいたします。お申し込み受付けは、3月26日午前9時~です。下記のお申し込みフォームに、できれば第3希望までご記入の上、お申し込み下さい。(そもそも3日しかないですが・・。)

申し込みフォーム★

お申込受付後、こちらから確定日のご案内(詳細含む)をお送りいたします。みなさまのご希望日程の調整に少しお時間を頂くことがあります。

また、お友達と複数でご参加の場合は、それぞれが申し込みフォームでお申込みいただき、その際、備考欄のご一緒する方のお名前をお書き添えください。

みなさまのご参加をお待ちしておりまーす!

 

 

【教室の重要なお知らせ】教室のご参加方法が変わります!!


山脇りこの料理教室『リコズキッチン』代官山のご参加方法が2015年4月から、大きく変わります。

大きく変わるのは以下の3点です。

1.事前のメーリングリストへのご登録は不要になります。だれでも、都度、お申込みいただけます。

これまで、まず、メーリングリストにご登録いただき、そちらへご案内をお送りしておりました。これを終了とさせてただきます。これまでご登録いただいたみなさま、本当に申し訳ありません。特に、直近の方々は、フォーム記入のお手数だけおかけして、ご案内を送る前にこの方法への変更となり、重ねてお詫び申し上げます。

4月以降は、ご参加ご希望のクラスにその都度お申込みいただく仕組みにいたします。(当HPのEntryのところからご確認ください。)

2.教室のご案内はHPで行います。みなさまへのメールでのご案内は終了させていただきます。

これまでご登録頂いた方々にメールでご案内をお出ししていましたが、そちらは終了いたします。現在、ご登録の方が1000名を越え、みなさまへの一斉送信とお申し込みの受信における事故(メールが届かない、遅れて届くなど)が多く、今後は、このHPでお知らせすることとしました。

トップ画面左側の、パープルのリコズキッチンエリア内にある、schedule(スケジュール)のところか、Entryのところから、ご確認ください。そこから、直接、お申込みいただくことができます。毎月、20日ごろに新たな日程を掲載する予定です。

3.ゆるやかなメンバー制は終了させていただきます。

これまで、メンバーご希望の方には、+4000円のご登録費で、メンバーとしてのお申し込みやメンバー限定クラスへのご案内をしていました。こちらを2015年2月で終了させていただきます。ありがとうございました。なお、これまでメンバーになられていた方々につきましては、4月以降の、初回登録料(6000円)は(もちろん)免除とさせていただきます。

 

これからも、たくさんの方に、料理の楽しさを感じていただける教室になるよう努めてまいります。今まで以上に、どうぞよろしくおねがいいたします。

 

 

 

 

 

 

『一週間のつくりおき』(ぴあ)新刊、うれし♡


私自身も楽しみにしていた新刊です。

『一週間のつくりおき』(ぴあ) 2月12日発売

http://www.amazon.co.jp/dp/4835628098/

最初の電子本も数えれば、節目の10冊目。自分でも大好きな1冊になりました。たくさんの方々の応援のおかげです、感謝の気持ちでいっぱいです。

義務感にかられて作りだめる・・・のではなく、ここまで仕込んでおくと、家でのごはんがぐっと楽しくなるポジティブなつくりおきの本を作りたいと思い、スタートしました。ゆでるにしても、漬けておくにしても、ちょっとしたコツや勘所をできるだけ掲載しています。何度かつくっているうちに、料理が好きになる、料理がわかってくる?自然に料理上手になる・・・そんな1冊になったら、嬉しいなと思っています。

この本が出来るまでのことは、ブログにも~。

 

本表紙s-作りおき本コラージュ 

STORY/光文社/3月号「私の服にはSTORYがある」でご紹介いただきました。


40代女性に一番支持されている雑誌・・そんな「STORY」さん、3月号で、

料理ではなく、料理家への転職?40歳の決意?を取材して頂きました。

恐縮至極です。

2月1日発売、今、コンビニや書店に並んでおります、

チャンスありましたら、ご覧くださいませ。

写真 2 (2)kyouto suto-ri-大阪 写真 3 (1)すなっぷ 写真 4表紙

 

Oggi (小学館) 3月号掲載のお知らせ


Oggi (小学館) 3月号(今並んでます!)にて、

8ページ、ヘルシーごはんレシピをご紹介しています。

「オダシッス」 → オイル、だし、塩、酢と上手にお付き合いして、

身体に優しいごはんを作ろう!たべよう!という企画です。

拙著『かる塩・かる糖料理帖』から、再編集したものですが、

おだしの取り方のコツや、おすすめの上質の調味料も掲載して頂きました。

すごくすごくわかりやすくまとめていただいて、

私が日々、料理するときにどんなふうに考えているかもご紹介してくださっています。

髪型が、自分でも初のベリーショートボブの2ブロック(サラダ キノコ)で、

ある意味記念です、笑。 よかったら手にとってくださいませ。

 

写真 2 (1)写真 3写真 1

 

オープン料理教室、おつまみのクラス / NHK文化センター青山のご案内


NHK青山文化センターでの料理教室のご案内です。

2月6日、金曜日の午後7時~、今回は、大好きなおつまみのクラス。

特に、ヴァンナチュール、ビオワイン、と言われる自然派のワインと楽しんでいただきたいなと思うおつまみを。

自然派と言っても味は様々、全部に合う、なんてことはないわけですが、やはりこれまでのワインとは違ったマリアージュが愉しめるな、と思っています。

ワインも、アテも、翌日に残らない、そんなお酒の楽しみ方をぜひ、ごいっしょに。

私も、もはやヴァンナチュールしか飲めない・・・となり、日々頂いています。

お申込みはこちらからです。(どなたでもご参加いただけます。)

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1025341.html

掲載:朝日新聞(2015年1月14日家庭面)合格応援レシピ


朝日新聞(2015年1月14日家庭面)に『合格応援、和食の知恵で、山脇りこさんに聞く』が掲載されました。「昆布だし冬スープ」「甘酒スピードカレー」をご紹介しています。
文章がほんとうにわかりやすく、伝えたいことを的確に書いて下さっていて、とてもうれしい記事です。昆布水のポイントは、昆布をけちるな、とか・・・いつも教室でも言っていますが。レシピは朝日新聞のWEBサイトでも、動画つきでご覧いただけます。

『合格よるごはん、和食に学ぶ~3回シリーズ』
※もともと、WEBの記事だったものを、本紙にご掲載いただきました。
「昆布だし冬スープ」
http://www.asahi.com/articles/ASGDW4T55GDWUEHF004.html
「甘酒スピードカレー」
http://www.asahi.com/articles/ASH164D0RH16UEHF004.html

掲載:朝日新聞(2015年1月14日家庭面)合格応援レシピ

掲載:日経新聞(2015年1月14日1面)『食と農』の特集


日経新聞(2015年1月14日1面)『食と農』の特集に取材協力し、掲載されました。
食への意識は、60代、70代の親世代の方が高い・・と思われがちですが、ちょっと違う、と、教室をやりながら、いつも感じています。そんなお話をさせていただきました。

日経新聞(2015年1月14日1面)『食と農』の特集

無事に解決しました!●『「かる塩」「かる糖」料理帖』(山脇りこ著)に関するお知らせ | 小学館 ●


みなさま、お騒がせ?し、さらにご心配も、励ましもいただき、ありがとうございました!無事に解決しました、大事な本、とても嬉しいです。これからも、改めて、よろしくお願いします。冬、食べすぎちゃった・・・という後にもおすすめです!

 

2104年 11月6日付の小学館さんからのリリース

http://www.shogakukan.co.jp/company/press_release/detail/_id_637890