Everyday Saturday Official Blog

梅仕事、梅干し、漬けちゃう?


梅仕事も、後半戦でしょうか。いよいよ完熟梅が店先に並んできました。まだ北の方は、青梅もあると思います。私は無類の梅好き、とくに梅酒の梅好きで、抱えて食べてました(周りにそういう人が多い、お酒レッスン?)。部屋中に梅の香り ...続きを読む


転職と転機と天職(老後に読む)


最近、STORYさんや読売新聞さんなど、私が40歳ごろに人生の方向転換をした・・・という話の取材が続き、このことについて聞かれることが増えてきました。できたら料理や料理周りのこと、食べることを中心にした暮らしのこと、だっ ...続きを読む


PARTYと50年前のドレスと話し忘れた大事なこと。


4月17日に、拙著の出版partyを開催いたしました。 まったくもって、僭越ながら・・・です。 “うれしい!みなさんのおかげです、10冊目&重版出来。『ていねいに仕込んで食べる 一週間のつくりおき』 出版の記念と、重版と ...続きを読む


30年前の母と、私と、桜咲く。


あのとき、母はちょうど、今の私の年だったんだな~と、この数年思うようになりました。そして、すごく不思議な気持ちになるのです。いや、ときどき、身につまされたり、納得したり、へーっと思ったり。そんなことありませんか? 私が、 ...続きを読む


ヤマロク醤油がなぜおいしいのか?~醤油をめぐるその4


『旨!なんともいえない後を引くうまみがある・・・でも、なんで?』  私がはじめてヤマロクさんの醤油を味わった時の感想です。私は、ヤマロクさんの醤油のおいしさのポイントは、ともかく角がないことと、クセになるうまみだとおもっ ...続きを読む


調味料をめぐる中でおもう、おいしい醤油とはなんだろう?~醤油をめぐるその3


 前回は、ヤマロクさんに(私が勝手に)見た、家業を継ぐこと、そして、小さな地方のファミリービジネスが、どうコンセプト決め、どう生き残るのか、そしてそのための発信をどうするのか?ご紹介しました。今回は、商品力ともいうべき、 ...続きを読む


ヤマロク醤油の2番目にすごいこと、小さなファミリービジネスをどうするか?その一つの答えがあると思う。~醤油をめぐるその2


小豆島には、私の手元の資料によれば、21の醤油醸造所があるそうです。最盛期の明治から昭和初期は400を超えていたそうですから、激減していったことになります。 今でも、前回、ご紹介した通り、OEM的な?桶売りと言われる醤油 ...続きを読む


醤油をめぐる、絶滅へ向かう日本の伝統製法と物語のあるモノづくり ~その1


今日は、醤油のことです。 その前に、私が調味料に執着する理由も伝えておきたいと思うのです。 これまで、何回もこのことをブログに書こうと思いながら、書けずにいました。大好きで、深く深く追求したい、すべて味見したいと思う、私 ...続きを読む


7人衆となし汁と『一週間のつくりおき』


7人衆・・・それは最強のメンバーなのです、本が出来るまで その6。 もはや自分の老後の楽しみのため・・に書いておりますが、今回は本の制作にかかせないアシスタントさん?のこと。とはいえ、私には常にいっしょにやっているいわゆ ...続きを読む


まいにちのごはんと 天板と お守り


s-IMG_7097

本が出来るまで、その5は、スタイリングのこと。 私は、40歳になろうとするところで、小学生のころから思いながらもあきらめていた料理の仕事に就くことを、突如、あきらめないことにして志した、つまり、年はとってますが、新人。な ...続きを読む